テオ・金丸のブログ

頭の悪い人がお送りする愉快なブログ

常人離れの発想 - theo(テオ)

こんばんは。テオ・金丸です。

初めて書く記事はわたくしが大好きなメガネについてにしてみようかなと思います。

f:id:theo_kanemaru:20170423214218j:plain

大体2002年頃から、メガネ=ダサイ・カッコ悪いのイメージが払拭され、お洒落・カッコイイといったイメージが一般の人に浸透してきたようです。

この背景には、あんまり関係ないように思えるけどパソコンとかの普及率が関係してるクサいです。図録▽パソコンとインターネットの普及率の推移

URLにある図を見てみると、'95年~'04年あたりから、パソコンの普及率がグングン伸びてます。

んで、特に'00年から'02年までの伸びがエグいです。この2年で18.6ポイントも増えてる。

んでそこからは伸びが緩やかになってくる。大体'02年までにはパソコンが一家に一台的な考えが根付いてきてたんでしょうかね。

パソコンが普及してくると、インターネットが栄えてくる。'02だとわたくしはまだ8歳のゴミガキだったのでインターネットのことは全然知りませんでしたが、調べてみるとどうやらFlash黄金時代と呼ばれていたみたいです。

で、同時にアニメなんかも流行りだして、そこで「メガネキャラ」というのが一部の人の間で人気を博してくるようになる。

この頃はまだ眼鏡=萌え要素みたいな図式が一般的だったんでしょうかね。

実際に一般Peopleにメガネがお洒落アイテムの一つとして認識されるようになるのは、もうちょっと後の時代ように思います。

 

脱線してしまいましたが、今日書きたいのはこんなインターネットの歴史とかじゃありません。

わたくしの名前(テオ・金丸)の由来ともなったメガネブランド、「theo(テオ)」についてです。

ガチでイカしててブッ飛んでてゴキゲンなデザイン

f:id:theo_kanemaru:20170423220741j:plain

「えっこの人たち誰?」と思ったアナタ、勉強不足やね(ナメくさった態度)。

この真ん中のクセの強そうなオッチャンが、theoを世界中に発信して広めたデザイナー、Wim somers(ウィム・ソーメルス)氏その人です。

写真を見て分かる通り、このブランド、メチャクチャクセが強いです

たとえばこちら、

 

f:id:theo_kanemaru:20170423222236j:plain   f:id:theo_kanemaru:20170423222239j:plain

これなんなんですかね。舞踏会用のアイテム?いいえ、メガネです。

見て分かる通り、レンズはありません。

 

f:id:theo_kanemaru:20170423223858j:plain

さっきのはブっ飛び過ぎてましたが、これなんかまるっとしてて可愛いですよね。

アンダー(レンズの下半分)だけキレイなブルーで、メリハリがついてとてもお洒落。

ちなみにこれはわたくしテオ・金丸が実際に持っているモデルです。レンズ込みで10万円くらいしました。

 1989年から続くブレない哲学

「万人向け」眼鏡–おそらく、夢のようなはなしだけれど・・・。「第一印象」を演出できるのはたった一度きり。初対面。とても重要。もし眼鏡をかけるとしたら、心に留めておかなければならないことがある。眼鏡はあなたの個性のかけらを表していると言うこと。眼鏡をかけることによりあなたの個性を強調することもできるし、強調しないこともできる・・・それはあなた次第。だからメガネ店にとって、顧客のパーソナリティを熟知することが大切です。顧客と話し、欲しがっているものに耳を傾けて始めて、明確なアドバイスができるからなのです。(Lifestyle 紙 より抜粋)

theoが目指すところは、「顔にかけるメガネ」ではなく、「顔にとけこむメガネ」

第一印象からカマしていく。一目見て、「あぁ、これはtheoだな」と分かるデザイン。高いファッション性。

日本でメガネが流行する何十年も前から、theoはアイウェア(メガネのことです)の本質を見抜き、言語を超えたファッションによってコミュニケーションを図ろうとしていたんですね。

わたくしはtheoのメガネを実際に持ってますし、いくつも試着したことあるのでわかりますが、theoのメガネは本当に、その外見からは想像もつかないほどしっくりと顔になじみます。

メガネを見せるのではなく、「メガネ込みの顔」をファッションアイテムとして考えていることが、直に理解できます。

だからこそ、値段がエグ高くてもそのリピーターは跡を絶たない。その魅力に惹かれる人が跡を絶たないのです。

メガネ男子・女子は今すぐメガネ屋へGo

さて、theo(テオ)の魅力、感じていただけたでしょうか。

このブランドの良いところは、見る人にハッとした印象を与えられること。

「この人、何か惹かれる…。特にイケメンでも美人でもないのに…。」

きっとtheoを着けた人に出会えば、あなたもこう思うはずです。

ただ似合うだけのメガネの時代は、2017年で終わりです。明日からは、「似合う」を超えて「溶け込む」メガネへ、次第にシフトしていくことでしょう。

 

画面の前のあなた。そのメガネいつ買ったの?え?6年前?U~WA~~マジで?えぇ~?????うそやろ~~?????それはアカンて~~~。

 

さぁ、今すぐメガネ屋へGOです。