テオ・金丸のブログ

頭の悪い人がお送りする愉快なブログ

きっと君も、そうなるはずだ。

こんばんは。

テオ・金丸です。

 

最近はライターとしての記事を書きまくっていて、こっちの更新が疎かになりがちでした。

お詫び申し上げます。

 

 

 

 

さてみなさん、外に出てみてください。

まだ少し肌寒いですから、上着をお忘れなく。

さぁ、サンダルでもクロックスでも構いませんよ。とにかく外に出てみてください。

極度のアル中で足が震えて立てない人は、窓まで這って行ってください。

…そして、空を見上げてください。

 

 

 

 

 

f:id:theo_kanemaru:20170502203412j:plain

 

…そこには、満点の星空。

あなたが生まれるずっと前から、そこで輝き、瞬き続けてきた星々。

時に、それは光年の遠さをもってして、わたくしたちを突き放します。

時に、それはあなたとあなたの愛する人の距離ほどわたくしたちに寄り添って、包み込むように見守ってくれます。

 

 

 

…さぁ、何も考えずに目を閉じてください。

そして感じるのです。小宇宙(コスモ)を。

人として生まれ、人として生きることを強いられたわたくしたちに、宇宙のすべてを理解することは到底できません。

ですから、身を任せるのです。感じるのです。交信するのです。

 

 

 

 

 

f:id:theo_kanemaru:20170502204758j:plain

 

 

 

 

 

…わたくしは宇宙を理解しようとするあまり、毛髪を失いました。

その毛はまるで宵の明星のように、鈍い金色色を放っています。

 

 

 

 

 

…きっと君も、そうなるのだろう?

虚栄と欺瞞にまみれ、隙あらば自らを大きく見せようとする。

…そんな人間にも、もうずっと前から、飽きているのだろう?

 

 

 

わたくしには分かる。あなたの後悔が。絶望が。

さぁ、わたくしと共に…母なる宇宙へ…父なる銀河へ…。

 

 

 

 

 

散髪失敗しました。

最初からこう書けばよかったんですよね。

ボウズ頭にあこがれてやってみたはいいものの、デコが広すぎて全くにあいませんでした。

で、マシになるかと思って茶髪にしたら余計キモくなって、会社の人からは

 

「死刑囚」

「お坊さん」

「ヘタ打った下っ端」

「変態」

 

と散々言われて爆笑されました。

 

みなさんも散髪はくれぐれも慎重に。

ではまた。

 

 

※しばらくは美容院に行かなくていいのでお金が浮くというメリットがあります。